はじめに

ささがわ通り心・身クリニックは2007年11月に総合心療センターひながの外来部門が独立する形で心療センターひながに隣接した場所に建設されました。この間早いものですでに9年が経過したことになります。本クリニックはその発足当初より、内科、心療内科、精神科、児童精神科、美容皮膚科という診療科目で診療を行ってきました。
 しかし、今回精神科は、心療センターひながに統合移転されることになり、病院内に新しい外来棟が建設されています。今回の移転で内科外来と精神科外来が距離的に少し離れるため、患者さんにご迷惑をかけることが予想されますが、この点に関しては職員一同の創意工夫で乗り切って行きたいと思っています。
 現在のクリニックには、内科と児童精神科、美容皮膚科がそのまま残ることになっています。児童精神科や美容皮膚科といった診療科は、全国的にもまだ目新しい領域であり、今後さらに発展することが期待されています。皮膚の美容と精神的健康の問題など、今後重要な領域として発展していく可能性が考えられます。
 児童精神科では、発達障害、児童虐待など子どもの心の問題で治療を求める家族が非常に多く、子どもの診察を受けるのに待機時間が非常に長く、社会的な問題になっています。今後、当クリニックでは、他の診療科が移転した後のスペースを活用して、ペアレント・トレーニングやLD等子どもの学習発達上の問題にも治療的活動を広げていきたいと考えています。
診療科について
内科 
児童精神科美容皮膚科